since1999/10/1
NEOPARK OKINAWAのロゴ Welcome to NEO PARK OKINAWA
ようこそ!ネオパークオキナワ(名護自然動植物公園へ) 
     
   ☆開園時間  午前9時 〜 午後5時30分 ※ただし入園は午後5時まで
     
   ☆休園日  年中無休
 
   ☆入園料  大人  660円
     中人  330円※中高生
   小人  220円※4才〜小学生
   身障者割引  入園料半額  
   ※団体割引15名様以上 (入園のみ適用。鉄道は該当しません。)
    団体割引料金 大人  600円 中人 300円 小人 200円
  上記の価格は消費税込みとなっております。
   
   ☆フラミンゴの湖
   ネオパークオキナワの一番最初のゾーンである「フラミンゴの湖」。
ここはアフリカ大陸のケニアにあるナクル湖をモデルにしたゾーンです。
 アフリカ地域に生息する植物・動物が自然さながらに放し飼い展示されています。

また、ゾーン内ではエサやり体験もできます。(エサ1個200円で販売中)

※エサやりが出来るゾーンは「フラミンゴの湖」「アマゾンのジャングル」「オセアニアの花鳥」のゾーンです。
※エサは必ず指定のものを与えて下さい
  クリックすると大きくなりますフラミンゴの湖全景 ヨーロッパフラミンゴ
   ゾーン内の様子  ヨーロッパフラミンゴ  オジロカンムリヅル
       
   ☆アマゾンのジャングル
  「大自然」の代名詞とも言える、南アメリカ熱帯雨林の再現に努めました。
昼なお暗い森、色鮮やかな鳥、巨大魚の泳ぐ水中。日本から見て地球の反対側、命あふれるアマゾン探索をお楽しみ下さい。
     
  ↓ショウジョウトキ。「ショウジョウ」とは赤色のことです。繁殖期には鮮やかな赤になります     ↓アマゾン川の水中を再現した水中トンネル。中には大物の姿も・・
   ショウジョウトキ  ツリスドリ  水中トンネル
     ↑カンムリオオツリスドリ。草で編んた巣を水辺の木に吊り下げます  
  ☆オセアニアの乾燥林
   オーストラリア、ニューギニア、ニュージーランドといったオセアニア地域にもユニークな生き物が多くいます。飛べない鳥、袋で子育てする哺乳類など。密林とは違った開放感のあるビオトープの探索をお楽しみ下さい。 
 
    ↓エミュー。ダチョウと同じく飛べない鳥です
     ヒクイドリ  エミュー
     ↑ヒクイドリ。羽も軸だけなので飛ぶことはできません。色々な鳴き声だします  
 
  ☆ふれあい広場
  オープン 9:30 〜 17:00
  入場料  4才以上一律 300円
  ※ふれあい広場でのエサやりについては、専用のエサとなっています。(青い袋に入ったエサはやる事ができません)
   
  ふれあいワンちゃんや巨大リクガメ「アルダブラゾウガメ」と記念撮影!
   ふれあいゾウガメ    
   ゾウガメと記念撮影しよう!  ワンちゃんと楽しいふれあいタイム  
       
  週末のお楽しみ。釣り掘りコーナー
  釣り堀りコーナー 釣り堀りコーナー 釣り堀りコーナー
  開催日:毎週土、日のみ。(※お昼12:00〜17:00)
料  金:貸し竿とエサ付きで300円
(ふれあい広場と釣り両方の場合はセットで500円)
※釣り堀りのみを希望のお客様はふれあい広場の受付で申し出て下さい。
※荒天時は開催を中止する事もあります。
※混雑時は入場制限をする場合もあります。
 
  ☆国際種保存研究センター
  オープン 10:00 〜 17:30 
  入場料  4才以上一律 300円
  ※館内の動物たちへのエサやりはできません
   種保存研究センター全景(上空)    
  ↑国際種保存研究センター全景    
   地元沖縄をはじめ、世界的にも希少な野生動物の保護と繁殖を研究する施設です。
  主な飼育・展示動物

リュウキュウヤマガメ、アオコブホウカンチョウ、オオサイチョウ、他

※展示動物の体調や繁殖状況などによって展示内容が変わる場合があります。
 
  ☆沖縄軽便鉄道
  始発便 10:00  最終便 17:00 
  乗車料 大人(中学生以上) 660円 小人(3才〜小学生) 440円 
  時刻表 
 
10時 11時  12時 13時 14時 15時 16時 17時
出発時刻(分) 00,30 00,30 00,30 00,30  00,30 00,30 00,30 00
※荒天時は臨時休業する場合もあります。 
   
  大正3年(1914年)12月1日 に沖縄本島南部の那覇駅から与那原駅の営業が開始され、その後も嘉手納駅まで線路を延長し、北部の拠点名護市までの延長も計画されましたが、幻となりました。
ネオパークでは、その軽便鉄道で最初に導入された機関車を全長1.2kmの線路を走る園内一周ガイド機関車として再現しました。
   
   幻の駅「名護駅
   名護駅  軽便鉄道の発着場。ここから20分間の汽車の旅がはじまります
     
  車両紹介 
   沖縄軽便鉄道1号機
   軽便鉄道  大正3年の開業時に導入されたドイツ製のヘンシェル社製B型タンク機関車を実物の約4分の3の大きさで再現しました
    クリックすると大きくなります  
   D−51型蒸気機関車
  デコイチ  日本で数多く製造された機関車で、 デゴイチの愛称で有名。実物の約半分の大きさで再現しました。
石炭を乗せた貨車と客車5輌を牽引して公園内を1周します。
  クリックすると大きくなります   
   
  名護駅・駅前ひろば こどもゆうえんち
  アンパンマンバッテリーカーや、機関車トーマスのミニSLなど楽しい遊具がいっぱいです
   機関車トーマス  固定式遊具  
    遊具は全てコイン投入で稼働します。
 
  ☆写真スタジオ
  楽しい旅の思い出づくりに琉球衣装を着て記念撮影はいかがですか。
軽便鉄道名護駅前でやってます。
一枚500円、貸衣装無料。※定休日が決まっていませんので、ご予定のさいは、お電話にてお問い合わせください。
   写真スタジオ  撮影料 500円
     
   ☆交通案内  那覇空港より車・バスにて約1時間30分   
   ☆バス  那覇空港〜名護バスターミナルまで

・高速バス
 国内線旅客バスターミナルのバス乗り場2番〜111番に乗車。
 (約1時間40分)

・路線バス
 国内線旅客バスターミナルのバス乗り場3番〜120番に乗車。
 沖縄バス・琉球バスどちらでも可。
 (約2時間30分)

※当園の近くにバス停はございませんので、名護バスターミナルからはタクシーをご利用ください。(バスターミナルからネオパークまで約10分)
 
     
   ☆MAP    
   沖縄地図  
   市内地図  
    沖縄自動車道【許田IC】より国道58号線を国頭村方面へ約20分  
   ネオパークオキナワメインゲート  
   国道58号線を那覇方面よりこられる場合は、イオン名護店を通過後最初の信号機を左折してください。ネオパークオキナワの大きなゲートが目印です。  
     
   パンフレット  ネオパークオキナワのパンフレットデータ(PDF)は下記よりダンロードできます。   
   リンクをクリックするか、マウス右クリック→名前を付けて保存で取得してください。  
     
    パンフレット(表面)はこちら(PDFファイル)3.4MB  
   パンフレット(裏面)はこちら(PDFファイル) 2.2MB  
     
 TOP画面へ  
   
 動物取り扱い業に関する表示
   
 Copyright(c)2001 NEO PARK OKINAWA.All right reserved.